私たちは健康経営を目指しています

 

(株)SANYO-CYP では経済産業省が進める「健康経営優良法人認定制度」の認定を受け、 健康経営を目指しています。

 

●健康経営とは?

「企業が健康を単に福利厚生施策や個人任せとせず、健康施策を他の事業活動と同じく戦略的な活動と捉え、投資を 行い、社員の活力向上や労働生産性向上などの効果を期待する活動」を指します。

効果的な健康づくりが実践される環境整備を通じて、企業の業績や企業価値を向上することを目的としています。

 

●健康経営はなぜ必要なのでしょうか?

①社員一人一人の能力を最大限発揮 できるようになり、長期的な企業の繁栄につながる

社員が健康に不安を抱えて働くのではなく、健康にイキイキと働くことで、個人の能力を最大限に発揮し、労働生 産性が向上し、ゆくゆくは企業利益に直結することが期待できます。

②社員の健康状況の把握・問題の早期発見・対策につながる

健康経営により企業が積極的に社員の健康状態を把握することで、各組織の健康問題の早期発見をすることができ、 問題を知ることによって早めに対策をすることができます。

③生活習慣病の予防・改善

例えば、運動習慣や食事に関する健康指導を行うことで、生活習慣病の予防や改善にもつなげることができます。

④メンタルヘルス不調の予防・改善

問題の早期発見ができれば、社員のメンタルヘルス不調の予防や、早めの改善手段をとることもできます。

背景
​健康経営のイメージ図
​少子高齢化による労働人口の減少
メンタルヘルス不調者の増加​
​外部環境の変化に伴う経営合理化
生活習慣病の増加等による医療費の増大
​中小企業にとって労働力の維持・確保はますます重要となる
健康経営
生産活動の低下
健康づくりが疎かになると...
事故・不祥事の発生
経営に重大な影響を及ぼす恐れがある
社長・安全衛生委員会が社員の健康づくりを積極的にサポート
​健康状況(リスク)の把握
​健康づくりの推進
社員が心身ともに元気に働ける企業に...
生活習慣病の予防・改善
メンタルヘルス不調の予防・改善
​外部講師を招いて健康セミナーの実施
食事環境改善を目指し、カフェをイメージした食堂に改善しました
​定期的な運動懇親会CLUB「WAWAWA」
自動販売機に割安で購入できる特定保健飲料を導入しております。
​SANYO-CYPではこのような活動を行っています

Copy Right (c) SANYO-CYP All Rights Reserved.