Copy Right (c) SANYO-CYP All Rights Reserved.

BUSINESS

DTP・グラフィック

DTP 最新鋭機器を備え、経験豊富なオペレーターが製版データを作成!

創業以来、デジタル化による製版業界の革新に常に対応しながら、知識とノウハウの蓄積を続けてきました。PCの普及により、レイアウトや画像処理などの作業も、一般ユーザーでも対応できるような時代になっていますが、より高品質な仕上がりを求める場面では、私たちの専門性が威力を発揮します。印刷用インキや印刷本紙などの特性や組み立て、後加工についてのノウハウを最大限に生かし、お客様のイメージに合った印刷用データの製作をお約束します。また、東京、名古屋、大阪3拠点を高速デジタル通信回線で結び、全社ネットワーク化をおこなっておりますので、お客様の多様なニーズに対応可能です。

≪グラフィック≫

◇スキャニング

ドラムスキャナSG-8060Pと平面スキャナGenascan5500の2台を保有し、反射原稿・透過原稿の分解作業(データ化)をすることができます。

◇画像修正 色調補正

グラフィック部門では、全てのデジタル画像に対して、色調補正・画像修正・合成など、お客様のイメージに合わせることを目的とした画像編集作業全般を行っております。常に最新のAdobe製品を使用することで、あらゆるデジタルデータに対応し、より高品質な商品を届けることが可能です。中でも、色調補正は色校正に対して作業用モニタとインクジェットプルーフのマッチングを行っており、お客様のイメージにあった色の再現性をさらに高めています。また、今まで培ってきた知識と経験で、インキや用紙の違いによる色の変化、PPやプレスなど後加工による色の変化を考慮した色調補正を行っています。更にグラフィックと色校正のオペレーターが即座に打ち合わせができ、微妙なイメージの色再現にも臨機応変に答えれる環境を整えています。

SANYO-CYPにしか出来ない品質!

≪DTP≫

◇データ編集 出力

デジタル(DTP)部門では、主に印刷用データの作成とCTP版の出力やインクジェットプルーフの出力を行っております。

印刷用データの作成では、支給されたデザインデータより印刷や加工を考えた修正を行い、クライアントが望む印刷物が出来上がるように編集作業を行います。

パッケージ印刷であれば、オーバープリントやトラップ処理、抜き型に合わせたデザインの調整など、長年培った製版技術に加えて、最新のパッケージ製版ソフトを導入し、高品質な印刷データ作成を行っています。パッケージ印刷以外にもパンフレットやチラシなど商業印刷に必要な面付作業はもちろん、オフセット印刷の製版技術を応用し、グラビア印刷やシルク印刷の製版など幅広い印刷用データの作成に対応しています。また、SCREENグラフィックソリューションズ製のワークフローRIP『Trueflow』を中心とした出力システムから様々な印刷会社様に対応した印刷用データの作成(1bitTIFF・OutlinePDF)や量産機用の版面設計をしたCTP版の出力、色校正とカラーマッチングをした簡易校正のインクジェットプルーフなどニーズに合わせた出力を行っています。

経験に裏打ちされた技術とノウハウ!

≪検版≫

各オペレーターによる工程内検版、品質管理部門によるアナログ検版、デジタル検版を行っています。検版作業では、経験を積んだオペレーターがお客様の要望に正確にお応えできるよう細心の注意を払いながら作業にあたっております。

SANYO-CYP品質を保証します!

≪カラーマネジメントシステム/CMS≫

自社独自の校正プロファイルを作成し、色校正・モニタ・インクジェットのカラーマッチングをしています。自動キャリブレーション機能搭載モニタを使用し、色表示バランスを随時チェックすることで、画面表示は常に一定の色を再現しています。インクジェットはLabproof SEを使用し、自社で作成したICCプロファイル使ってマッチングすることで、校正とインクジェットの色差を平均⊿E3.0以下に実現しています。また印刷会社と色校正とのカラーマッチングにも積極的に行っており、本刷りでの色ブレを最小限に、抑えれるよう努力しています。