どっちで撮影する?スマホと一眼レフカメラの違いとは


「スマホと一眼レフカメラってどう違うの?」


一眼レフカメラの購入などを検討した際や、プロのカメラマンに撮影依頼をするときに、普段撮影しているスマホとどういう違いがあるのだろう...と考えたことはありませんか?


最近のスマホはカメラも進化して、キレイに撮影ができるようになりましたね。

スマホは手軽に使用できて便利なのですが、写真のクオリティはやはり一眼レフカメラには敵いません。


今回はその違いや、それぞれの長所・短所をみてみましょう。

 

一眼レフカメラのメリット


<画質が良い>

一眼レフカメラの魅力といえば画質です。


スマホに比べてイメージセンサーのサイズが大きく、取り込む光の情報量が多いのが特徴です。また、色の情報量も多いです。

なので、暗い所から明るいところまで豊かな階調が表現できたり、色の境界が滑らかであるため、拡大したときに画像の荒さがなく、細かい部分まで潰れることがありません




 

<ズームしてもキレイ>

スマホでズームをした際に、画像が荒くなった経験があると思います。これはズームの仕組みの違いによるものです。


スマホのカメラは画像の一部(元々の画角)から無理やり引き伸ばした拡大をするので、ズームするほど画質が粗くなります。

ですが、一眼レフカメラはレンズを動かしながら焦点距離を調整し、双眼鏡のように拡大するので、ズームしても画質が粗くなることがありません。




 

<レンズが交換できる>

一眼レフカメラは、沢山のレンズの種類があり、撮影したい被写体によってレンズを変えることができ、表現の幅が大きく広がります。


スマホにも別で取り付けることのできるレンズアクセサリーもありますが、その性能は低く、決められた画角で撮影をする必要があります


一眼レフカメラは撮影したいものによって、レンズを交換することができ、被写体や撮影したいイメージに合わせて「マクロレンズ」「広角レンズ」など、レンズ選びができて撮影する楽しみの1つにもなります。



 

ここまで一眼レフカメラのメリットを紹介してきましたが、決してスマホのカメラではダメというわけではありません。


スマホのカメラにも良い点がありますし、撮影場面や写真の用途によって、スマホと一眼レフカメラを使い分けると良いと思いますので、スマホと一眼レフカメラの長所と短所を比べてみましょう。



いかがでしょうか?


それぞれに良い特徴がありますよね。

一概に「どちらの方がいい!」ということはなく、写真の用途や場面に合わせて使い分けることで、撮影がもっと楽しいものになると思います。

それぞれの特徴を理解して、是非 撮影時に適したカメラを使い分けてみてください。


 

購買意欲を高めて売り上げアップを実現!


様々な広告写真に携わってきた実績のあるカメラマンが、料理・商品・人物・風景・動画など、あらゆる分野での撮影が行えます。


また、創業50年以上の印刷会社で多数の編集実績があり、素早く正確な技術により、撮影現場での画像編集も行えますので、その場で修正画像の確認も可能です。


特許技術を使用したリモート撮影や、撮影当日納品、様々なメディアへの展開など、『studioUP』ならではのサービスがあります。


撮影のお悩みやご依頼があれば、まずはご質問だけでもお気軽にご連絡下さい。